このサイトは元ギター職人が書くギターを楽しむ雑記です

はじめまして、サイトの訪問ありがとうございます。

個人の主観をもとに書いております。

もちろん間違ったこともあるかもしれません。

その際はご指摘いただければ幸いです。

このサイトは迷走中の管理人が勉強したり、調べたり、作ったり、直したり、弾いたり・・・

 

ギターを楽しむサイトにしていきたいと思います。

その他関係ない備忘録、独り言なんかもありますが、よろしければお付き合いください。

管理人について

始めまして「ポン骨胡麻」です。

少し長いので、お前なんかどうでもいいよって方は飛ばしてください。

 

  • 関西に住んでる。情けないですがいろいろあって実家に戻ってきてしまいました。
  • アコギは弾いてた。また少し弾き始める
  • ダーツを少しやってた。
  • ワーキングメモリーがかなり少ない。
  • よくミスする。

こんな人です。

 

昔、フリーマーケットに売ってたギターに興味を持ちました。

楽器店にもっていくととりあえず弾けるようにしてくれました。

とりあえずというのもネックが剃って弾きにくいものだったから。

直すこともできないほどのギターだったのにも関わらず、音が出るようになりました。

感情の起伏の少ないので感動したのかどうかは自分でもわからないけど、すごいなぁと思ったことを覚えています。

 

今思えばよくそんなギターを買ったな、と思います(笑)

でもそれでたくさん練習しました。そんなにうまくはならなかったけど(笑)

 

しかしそのギターがきっかけで、

  • なんで音が鳴ってるの?
  • 音が違うって何?同じじゃないの?
  • じゃあ、いい音って何?

とか疑問を抱き始めました。

なんとなく作ってみたい、直してみたいと思うようになりました。

 

音の違いさえもわからない人間でしたが、他にやることも思いつかなかったのでギターを作るという方向になんとなく進み始めました。

そしてなんとなくギターを作る道を選んだ私は、そういう専門学校に行き、運よくギター工場に就職し、なんとなく11年勤めることができました。

ですが退社し、紆余曲折あり、今は関係ない仕事を転々としています。

 

工場の方たちはいい人達ばかりでした。今もたまに連絡を取り合ったりしています。

 

しかし辞めてから自分なりにいろいろチャレンジしましたが、どうも上手くいかず、自分が何をしているのかもわからず、何を考えているのかわからなくなり、何もやる気が出なくなり、身体がうごかなくなりました。

燃え尽き症候群なのか、ただのポンコツなのか。

鬱のようになり、そしていろんなものを失いました。

人は落ちるときは一瞬です。

 

ですが、ひどい状況でもギターを弾くと気がまぎれ、何とか日々を繋ぐことができています。

たかがギターですが、私にとっては結構大事なものだったようです。

 

ギター製造の仕事を辞めるべきではなかったのかもしれませんが、過去は戻ってきません。

自分に何かできないか。自分の価値はどんなものか。今も迷走中です。

 

語彙力や文章力は大してありません。

これも成長していけたらと思っています。

稚拙な記事ですが、共感していただける方がいればうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました